総量規制対象外のローンなら年収3分の1以上でも借りれる可能性がある!

総量規制が行われるようになって「年収の3分の1以下しかお金を借りることができない」という認識は広まってきています。年収が300万円の人は複数の会社から借り入れを行う場合も合計で100万円までしか借り入れすることができなくなっているのです。年収の3分の1以上の借り入れをしたいという場合には、総量規制対象外のローンを検討してみましょう。
総量規制は、貸金業法に依って定められているものです。そのため、貸金業者ではない会社からの借り入れの場合には何の問題もなく年収の3分の1以上の借り入れを行うことができるようになっているのです。貸金業者とはクレジットカード会社、信販会社、消費者金融などを指します。総量規制対象外のローンを組める可能性があるのは銀行やJA、消費者金融などの金融機関です。「おまとめローン」など、複数の消費者金融の借り入れを一本化できるような商品も、総量規制対象外のローンの1つとなります。高額の借り入れを行いたい場合や、新たな借り入れをしてしまったら年収の3分の1を超えてしまうという人は金融機関が取り扱っているローンを検討してみると良いでしょう。銀行などの金融機関は独自の審査基準を持っているため、その基準に合格すれば年収3分の1以上の借り入れも行うことが可能になります。デメリットがあるとすれば審査をしっかりと行うため、即日融資が難しいという点です。時間に余裕をもって申し込むようにしましょう。

#総量規制対象外のローン